読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国旅行②⑧〜再びTOUR les JOURS

パン屋に向かう間に雨降るし、雪降るし、風強いし…挙句に雷まで。
最悪の天気。
店に到着した時は気温0度。

ウニョクが何時に来るのかもわからないからとりあえず11時過ぎにパン屋に着いた。
お店の前には韓国人より外国の方がたくさん居たように思います。
外には場所キープの電話番号付きの紙がいっぱい貼ってあった←韓国の方は要領わかってるから場所キープして、また後で来るみたい。
すでに着いていた日本人の方が手首に番号を書いてもらうように教えてくれた。
私は31番。
f:id:tomatodaze:20131130185058j:plain


この時点でなんの為の番号かもわからない(笑)
教えてくれた日本人もわからないで番号貰ったと。
何時頃に来るのか訪ねてみたら、1時〜2時位だって。
うわぁ、ギリギリじゃん(-。-;
スーツケース引きながら来た日本人の方も時間的に無理そうだと言いながらも、しばらく待っていた。
私達は外の椅子をキープ出来たので座ったけど段々雪は凄くなるし、風は強くなるし、よく風邪をひかなかったと思う。
ホッカイロを幾つか持ってきて正解だった。
あまりに雪が酷いのでお店の方がパラソルをさしてくれたの。
しかし、風で飛んでしまったりハチャメチャ。
しばらく待ってはいるが、段々会話も減ってきた。
外はもう吹雪状態に…
そろそろ限界かなぁ…
とりあえず、友達がパンを買ったりチョコを買ったりして店内に逃げ込んだ。
その直後、外は突風吹き荒れる状態になり、お店の方の判断でウニョクに会いに来ていたファンの方全員店内に誘導していた。
それくらい凄い吹雪だったんだよ。
パラソルも椅子も飛んでしまったくらいだから。
押し競饅頭の店内ぎゅうぎゅう詰めだけど暖かかった。
f:id:tomatodaze:20131130185606j:plain

店内に居た別の日本人の方に手首に書かれた番号は何なのか訪ねたら、番号順に店内に入れてレジの最中ウニョクとお話しが出来る番号だと教えてくれた。
全く下調べしてないから、私達おのぼりさん状態(笑)

そしてしばらく時計とにらめっこしながらも、もう限界だと店を出ることにした。

そしたらね、お店のおばちゃんがどこに行くの?みたいに寄ってきて…
飛行機の時間がないと話すと、もうそこまで来てるから!あなた達一番にしてあげるから待ってなさい!と腕を掴みながら言ってくれたの。
すごーく、すごーく、ありがたい。
おばちゃん、ありがとうね❤️
せっかくのご好意に5分だけ待ってみたがウニョク氏は現れず、お店を出ることにした。

凄い吹雪だから、きっと道も渋滞するだろうと電車で空港に行くと決め、とりあえず駅まではバスで向かった。

したらね…
バス降りた途端、なんと快晴☀️
ありえない…
あの雪は何だったんだーっ!
今頃、ウニョクお店に来てるんだろうなぁと思いながら電車に乗り込んだ。

ウニョク氏のお店のアジュンマは親戚とかなのかな?
勉強不足で…
こちらのお店の方々は皆さんとても感じよかったです。
アジュンマの優しい心遣いでウニョクには会えなかったけど、残念な気持ちにはならなかったよ。

と、そんなこと考えながら時間ギリギリで空港に向かった…